つげ櫛の二十三やさん閉店…たいへんありがとうございました。

ごきげんよう。

二十三やさんが閉店されました。

198年続いた老舗です。
創業は文政5年。

驚きました。

とても悲しいです。

娘が春休みに楽しみにしていたUSJが
コロナでお休みとなり、
予定変更して
二十三やさんで
櫛をいただいて
たった三月のこと。

江戸時代から
200年近く続いた
二十三やさん。

文明開化で洋装化も
ふたつの世界大戦も経てこられた
二十三やさん。

このブログの
二十三やさんにいちころ
という投稿にも書かせていただきましたが、
親子ともに
二十三やさんが大好きでした。

僭越ながら
お店の方のおもてなしは
200年の歴史に裏打ちされた
背筋の伸びるものでした。

櫛はうっとりする使い心地です。

娘に続いて
わたしもまた京都に行って
ぜひうかがいたいと思っていました。

とても残念です。

二十三やさんには
美しい日本の文化に出会わせていただき、
ときめく時間をいただき、
感謝でいっぱいです。

二十三やさんのみなさまに
形を変えて
これからもお幸せが
星降るほど訪れますように、
一ファンとして
心よりお祈り申し上げます。

いただきました櫛は宝物です。

たいへんありがとうございました。

感謝をこめて。

 

 

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください