伊勢丹の呉服売り場のあたたかさとレンタル。成人式の振袖。

ごきげんよう。

娘の
成人式の前撮りが
すみました。

レンタルか
購入か。

予算は。

娘の成人式を前に、
いろいろ
思い描き、
迷いました。

成人式は
私の母としての、
第一ステージの
卒業式でもあります。

せっかくなので
楽しみたいと
思いました。

先輩のお母さま方の
お話を参考にさせていただきながら
決めました。

まずは、
予算。

予算内におさめたいと
思いました。

成人式は
お写真は
すてきに撮りたいし、
ご祝儀相場で、
着付けも
ヘアメイクも
前撮りと当日、
それなりになります。

成人式のあとも
学費などにも
かけてやりたい。

その中で
着物と帯、
草履とバッグなど、
どう配分しようか。

予算を決めずに
お着物を見て決めてしまうと
青天井になってしまい、
他のものが
さびしくなってしまうか、
予算が大きくふくらんでしまうと
教えてくださった
お母さまがいらっしゃいました。

とはいえ、
着物は見慣れないので
相場もお品もわかりません。

振袖は
小物も
思いのほか
かかると、
うかがいます。

まずは
楽しみがてら
下見に、
山のように送られてくる
レンタルなどの
会場をのぞき、
百貨店巡りをし、
問屋街も見て回りました。

どこも華やかで、
とても楽しいものでした。

最終的にひかれたのは
伊勢丹の
レンタルと呉服売り場でした。

レンタルは
二度目からは
初めにお借りした予算内のお品なら
どれでも
三万円でお借りできる
システムにひかれました。

ただ
たくさんの振袖を見慣れると
予算内のものは
左肩と裾に
お花柄などと、
だいたい柄行が決まっていました。

たくさん見たので
少し見飽きてしまったのと、
娘には
のし柄などのほうが
似合うのではと
思いました。

あと
予算内のものは
だいたい
インクジェットとのこと。

染のものに
未練がありました。

呉服のお仕事を
されている方も
成人式当日
歩いてるお嬢様方をみると
こちらのレンタルとわかる、
とおっしゃっていました。

とはいえ、
どれも品が良く、
美しかったので、
娘に似合いそうなものがあれば
決めたかもしれません。

そうでないものも
いろいろありましたが、
レンタルで百万円近いものは
論外でした。

呉服売り場では、
他の百貨店でもそうでしたが、
売り場には限りがあるのでと、
催し物をご紹介くださいました。

担当の方が
ついてくださって、
そこで
気に入ったものがあれば
後日百貨店で
採寸、受け取り
となるそうです。

この予算内で
揃えたい、
とお話しましたら、
その中で
お嬢様とお母さまの
お気に入りのものを
探しましょう、
とあたたかく
相談に乗って
くださいました。

その方は、
「以前
別のお店で仕事をしていたとき、
家計を考えると
申し訳なくて両親に支度を頼めないので
バイトで○○円貯めたので
それで買える振袖がほしい、
という方が見えたとき、
その予算でそろえきれないものは
自分のものをお貸しして
着付けさせていただきました。
振袖は
一生の思い出、
買うと何度でも
着られますので。
お気に入りのものが
見つかりますように。」
とおっしゃってくださいました。

ありがたいことに
私のひかれる
千總の正規のお品が
予算内でいただける
催し物もご紹介いただきましたが、
あいにく
娘の学校の都合がつかず、
ご縁がありませんでした。

でも
おかげさまで
娘が引き立つ、
はじめに
思い描いていたようなものが
見つかりました。

予算をはじめに決めたおかげで
美しいバッグや
髪飾りも
揃えることが
できました。

購入したおかげで
卒業式など
着たいときに
また着られます。

髪飾も
いろいろありましたが、
売り場の方が
「こういうものが
お振袖とお嬢様に
お似合いになると
思うのですが、
当店では今はないので
他で探されては」
とおっしゃいました。

さりげなく、
伊勢丹では
そのときは
扱いのなかった
かづら清老舗のものを
勧めてくださいました。

調べてみたら、
それはそれは美しく、
かわいらしかったです。

お高めでしたが、
顔回りは
すてきにしてやりたいし、
予算配分はしてあったので
決めました。

成人式は
わたしにとっても
一大イベント。

専門の方が
小物選びも
帯結びも
髪型も
みなさま
一緒に楽しみながら
あたたかく
相談に乗ってくださり、
おかげさまで
とても楽しい思い出になりました。

今、
時間がたって
落ち着いて思うに
標準の
お仕度とおもうのですが、
お洋服を思うと
別格にお高いです。

お着物の
お好きな方でも、
振袖は
お嬢様にはあつらえないで、
多少寸法もちがうけれども
そのままご自分の
思い出の品を、
という方も
多くうかがいます。

お洋服と
変わらないお値段の
お着物やレンタルは
ふえていると
うかがうので、
お着物の世界は
あたらしい時代を
迎えているのかもしれません。

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください