やっぱり、つげ櫛。それでも、良いものはほどほどに。

洗面台を整理していて、
つげ櫛を使いはじめる
前に使っていて
最近は奥にしまい込んでいた
ブラシや
プラスチックや木の櫛が目について、
それらでふと
髪をとかしてみました。

そしたら
櫛の歯が
少したわんで心もとなかったり…
少し摩擦を感じたり…
ブラシの毛が少し頼りなく感じたり…

使ってたときは
そんなことは思いもせず、
ブラシの毛のしなやかさや、
ホテルの備品などのプラスチックの白いつややかな
美しさとなめらかさや、
木櫛の自然な風合いが好きでした。

なんか
不義理をしているような、
とまどいと寂しさを感じました。

そして
つげ櫛の
櫛の歯の
しっかりとしてなめらかな
櫛どおりの良さや
うっとりするようなてざわりや
美しさ、
髪にあたえてくれるつややかさを
あらためて
感じました。

つげ櫛が好き。

櫛は
つげ櫛を使うことにしましたが、
特別に良いものは
しぼって
ほどほどにしようとも
思いました。

名店の親子丼を食べたあと、
しばらく、
いつもなら好きな
家で作る親子丼が
物足りなかったのを
思い出して。

いつもの
幸せも
大事にしたいです。

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください