くしの神様

大阪府貝塚市は
日本最古のくしの産地といわれています。
貝塚市の伝統工芸士
辻従道さんに
教えていただいた
お話です。

貝塚市には
その有名な海水浴場の
「二色の浜」に
約1500年前、
櫛をつくる道具を8つ持った
異国の人が
流れ着いて
くしの作り方を
日本に伝えた
という伝説があるそうです。

二色の浜の近くには、
「八品神社」があり、
くしの神様が
まつられています。

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください