痛くなくても杖選び

変形性股関節症と診断されてから

もし歩けなくなったらどうしようと
夜中など
ふと心配になるときがあります。

歩けないと
一人で水を飲みに水道のところまで行ったり
お手洗いにも行けません。

ぎっくり腰を20代のときから
何回かしていて
歩けないときは本当にたいへんでした。

手術すればいい
と言われても
100%うまくいくとはかぎらないし、
できれば
自分の足で歩きたい。

50代に入りたてなのに、
痛くないのに
股関節に負担がかからないように
杖を使ったほうがいいと
整形外科の先生にいわれて
とてもショックでしたが、

早いうちに
教えていただいて
本当によかったです。

早いほど
打てる手は多いから。

と思い、
さっそく
杖を見に行きました。

どんな杖がいいかは
考えてありました。

杖を持つ人がたくさん集まる
日赤の整形外科の待合室で、
いろいろな方の杖を見て
こんなのがいいな、と
ぼんやりと思い描いていました。

ひとつは、
いつもg使うわけではないので
かばんに入れておきやすい
折りたたみで
軽いもの。

もうひとつは
無地。

前に池袋の駅で
若い女の人が
無地の白っぽい杖をつきながら
さっさっと歩いていて、
とてもすてきで
私も杖をついても
あんな風に歩きたいと思いました。

そして気分が明るくなるように
好きな色。

柄ものはすてきだけど
目上の方々が
たくさん持って
似合っていらっしゃるので
もっと年を重ねてからにとっておくことにしました。

お店を何軒か見てまわったら
いろいろな杖があってびっくり。

名探偵ポワロが持っているような
取っ手に金の飾りのついた
貫禄のある紳士のようなものから

かわいいキティちゃん柄まで。

杖の先も
安定感があるように広いものや
雨の日に滑らないものも。

結局

小さく折りたためて
一番軽いものにしました。

色は
きれいな紺で、
上に少し模様が入っています。

杖さん、
これから
どうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください