つげのセットぐしの継ぎ目はお手頃なしるしではない。

娘が大事にしている
セットぐしがあります。

そのくしの歯と
背中から持ち手の間に
継ぎ目があります。

息子からの卒業旅行の土産で、
高校生のお小遣いで
お手頃だからと思っていました。

良いものは
一枚板だと。

それが意外なことに
ちがいました。

木は
木目に沿っては丈夫だけど
木目に逆らうとすぐ折れてしまうそうです。

だから
細くて長い持ち手のある
セットぐしは
良いものでも
歯の部分と
背から持ち手にかけての部分は
別々に作るそうです。

一枚板が
良いとはかぎらない。

つげくしの伝統工芸士の
辻従道(つじよりみち)さんに
教えていただきました。

娘の大事なくしに
失礼しました。

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4

https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください