つげ櫛を大切にしたい思いを形に。今と伝統の架け橋に。魅力をアピールするきっかけに。

ごきげんよう。

つげ櫛は美しい日本の文化の一つです。

今、つげ櫛と出会う機会は…

百貨店の催し物や京都旅行、新聞記事に、著名人のエッセイ…

お母様やおばあ様など、
身近な方が使われてるのでなければ、

たまたま 美容や健康、
日本の文化に興味があって
アンテナにひっかかるのでなければ、
出会うきっかけが減っているかもしれません。

たくさんの方々に
つげ櫛に出会っていただけたら。

なめらかな木を手に持って
頭皮と髪をくしけずる心地良さ。
シンプル、コンパクトで衛生的。
魅力は言葉に尽くせません。

つげ櫛も今の時代に合わせて
着物だけでなく、
洋服もまとって。
今の装いを取り入れて。
装い新たに。

つげ櫛との
新しい出会いが生まれたら
うれしいです。

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4
https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください