髪と世俗性と虚栄心と

ごきげんよう。

「人、神、自然―ザ・アール・サーニ・コレクション」を見に東京都国立博物館に行きました。

その中で、髪を剃った像の解説に、「髪は世俗性と虚栄心とかかわる文化が多い」とありました。

そのとおり、と思いました。

それを剃る潔さ。

髪はプライドと自尊心も支えてくれる。

イタリアには、だいぶ前ですが、小さな女の子も「髪は女の命」と
長く伸ばして大事にしている子たちもいっぱいいました。

世俗の中で、おしゃれもして、髪を、できれば一生大事にしたいと思っています。

美しいとても凝った細工のものも多く、紀元前にこんな作品がと驚きました。世界と悠久の時の流れも感じたコレクションでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください