喜多つげの職人さんはブラシで若い人にもつげの魅力を伝える

ごきげんよう。

喜多つげの
職人さんと
デパートの
職人展で
お話する機会にめぐまれて
おどろきました。

つげ櫛は
うっとりするような
使い心地です。

でも若い方々には
ブラシが人気なので
若い方が
つげ櫛との出会いは
少ないです。

そこで
若い方にも
手に取っていただけるように
喜多つげ製作所の
職人さんは
つげを
ブラシの先の
とかすところに
しました。

何列かあり、
先が丸いので
頭皮マッサージにも
なり、
気持ちがいいです。

すべて
つげで作ってしまうと
お高くなってしまうので
持ち手は
いろいろな木から
選べるようになっています。

もちろん
国産つげも
あります。

先が
とれると
修理していただけます。

つげ櫛は
先が
十三やさんより
まるいです。

わたしは
地肌から
髪をかきわけてくれる
しゃんとした感じの
両方の十三やさんや
二十三やさんが
好みですが、
喜多つげさんのものは
丸いぶん、
あたりがとてもやわらかで
やさしい心地よさがあります。

ちなみに
セットブラシの
櫛ケースを
探す方に、
店員さんが
おっしゃっていました。

「小さいサイズだけです。
大きめのものは、
個別につくることになるので、
櫛よりもお高くなります。」

ひとつひとつ
手作りすることは
ぜいたくなお楽しみ。

あらためて
ゆたかな喜びを感じました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください