つげ櫛ケースできました。美しい絹で、櫛を出し入れするたびにうっとり。

ごきげんよう。

おかげさまで
作りたかった
つげ櫛ケースが
できあがりました。

素材は
ドレス用の
美しい絹で、
試作品から
櫛の出し入れするとき
ふれるたびに、
目も手も
夢心地です。

大自然で育ち、
職人さんが
手塩にかけた、
大切な
つげ櫛に
ふさわしい
おうち。

光沢のある
絹糸で
ふっくらと
美しい織り柄の
生地で、
丹精こめて
つくりました。

内布は
衛生のために
やはり
光沢のある
シャンタンです。

芯は
和紙なので、
しなやかです。

櫛の先まで
すっぽり入るので
ポーチや
引き出しの中で
つげ櫛が
口紅などに
当たって
傷つくことが
ありません。

二つ折りなので
ワンアクションで
出し入れが
できます。

ふたを
あけしめする
手間がありません。

伝統的な
貼り込みの
技法で
製作。

貼り付けではなく
上仕立て。

合理的で
美しい形と
自負いたします。

表布は
目黒にある
ドレスメーカー学院の
生地やさんで
いただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください