つげ櫛は高いとはいえ、お洋服一枚と同じくらいで、一生もの。

つげ櫛は高いです。

百均でも櫛は売っていて
それで間に合います。

ホテルに泊まれば
備品で、
毎日新しいものが
やってきます。

わたしは
それで過ごしてきました。

でも
縁あって
つげ櫛と出会ってからは
つげ櫛です。

増していく美しさと
使い心地のよさ。

500円の
透明ビニール傘も良いけれど、

つげ櫛はお気に入りの傘を
持つ楽しさと似ています。

使い捨てられるものは
便利で
とてもお世話になっているけれど、

髪を整えるものは
つげ櫛とのおつきあいを
楽しんでいます。

高いとはいえ、
数千円から。

お洋服一枚買うのと
変わりません。

お洋服のときめきには
賞味期限が
あるものですが、

つげ櫛は
風合いの増していく一生もので、
折れなければ
孫の代まで
楽しめます。

 

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4
https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください