紫外線対策は顔と同じく手も大事

紫外線対策、
顔はしていました。
日焼け止めを塗ったり、
帽子をかぶったり。
たまにはマスクをしたり。

でも、
手はお留守でした。

よく自転車に乗るので
ある日、
気がついたら
手の甲がまっくろ…

自転車のハンドルに
手をのせて
手の甲を
おひさまにむけて
焼いていたようなものです。

あわてて
日焼け止めをぬりました。

それから
自転車にハンドカバーを
つけました。

そして
長袖の
手の甲まで
かくれるような羽織ものも
着るようにしました。

エレッセの
テニス用ボレロ。

すぐれものです。
ちょっと風合いが
街中で着るには
スポーティーですが、
風合いより効果です。

次の年には
だいぶ
色がぬけました。

顔は
洗面所で鏡を見るくらいですが、
手はよく
目に入るので
手はなるべく
きれいにしておきたいです。

鏡を見ると
カバーしていない
指が焼けていますが、
指先は
解放感と
ものを落とさないように
感覚がわかりやすくしておくため
出しておきたいので
仕方ありません。

せめて
日焼け止めをぬるときは
指も塗るようにしました。

とは
思いながら、
写真で見た
シャネルの洋裁をする手は
地図のように
シミだらけで
それがまた
とってもかっこよかったです。

こういう手をみると
手の美しさは
シミやしわとは別だなあ、
と思います。

でも
気になる…

わたしです。

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4
https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください