敬遠していたヘナで髪染め

白髪がふえて
髪染めがなやましいです。

はじめは
美容室で染めていたのですが
時間もお金もかかるので
ドラッグストアで買って
自分で月一回、染めるようになりました。

時間を守って、
と説明書に書いてあり、
美容室で染め粉をわけていただいたときも
地肌のため時間を守るよう
念をおされました。

ある日
友達が染める時間を
うっかりオーバーしたら
赤くかぶれてしまいました。

こわいと思いながら
染めないではいられず、
手放せずにいました。

なにより、
地肌が傷んで
薄毛になることが
こわいです。

ヘナは
長めにしても大丈夫で
トリートメント効果もあると聞いて
安心そうですが、
仕上がりが赤いし、
だまになりやすくて、ぬりにくく、

インディゴは髪が
ぱさつく。

ある日
ヘナについて調べていて
よく知らないで
使っていたことが
わかりました。

ヘナは前の日のうちに
水でといておくとだまになりにくいこと。

あと
毎週染めて
月一回インディゴにすると
黒っぽい色になり
髪も傷みにくいこと。

根元だけ染めていくから
一か月分を四回に分けて
予算も変わりません。

しろうとなので
塗りむらはあると思いますが、
毎週ぬるので
全く問題ありません。

なれると
5分ほどで染められて
いつも根元まで染まっていて
安心で
快適です。

 

 

Follow me!

つげ櫛ケースから櫛を出し入れする様子です。
(上) 縦型 縦に出し入れ
(下) 横型 横に出し入れ

https://youtu.be/QIT33WsCO_4
https://youtu.be/0F6Hk7HPbHE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください